心灯-Akari-について

2013年10月立ち上げ。

賞を念頭に置くのでなく、目の前で見てくださる方々の心に残る演舞を。

『記録より記憶に残るチーム』をコンセプトに2014年より各祭りに参加しています。

 

心灯-Akari-とは読んで字の如く

心を灯す。踊り子一人一人が演舞を通じ、見てくださる方々にお祭りの楽しさや感動を灯したい。

光は降り注ぐもの、灯りはそこに燈るもの。一人一人のあかりは小さいけれどみんな(踊り子、裏方さん、観客の皆様)がひとつになれば大きな灯になれると。

 

お祭りは小さな子ども達からお年寄りの方々までみんなが楽しめる場所です。

そこに来た人達が聞いて分かる名前。

かっこいい名前でなくていい。優しい音の響き『あかり』

 

これが心灯-Akari-の始まりでした。

 

Akari Re:birth

心灯-Akari-のロゴの鳥のモデルは不死鳥です。不死鳥は死んでも炎の中から何度でも蘇ると言われています。

私たちの演舞を見た全ての方々の心に何度も蘇って欲しいという願いをこめてこの不死鳥になりました。